美しさを作る為のコスメ│美コスメチェッカー

クレンジングのコツ

乾燥肌を招くクレンジングのポイント

汚れを落とすための界面活性剤を含むクレンジング料は、乾燥肌に負担をかけるものです。乾燥肌をこすらぬように洗い流すタイプを使い、短時間で終わらせることを意識しましょう。1(汚れの6割落ちればOK)クレンジングのあとに洗顔でさらに汚れを落としますから、クレンジングのすすぎ後に多少ぬるつきが残っていても問題ありません。クレンジングと洗顔のふたつで汚れを落とすと考えましょう。洗いすぎは乾燥肌を招きます。2(すすぎは手早く)界面活性剤が肌に触れている時間が長いほど、肌に負担がかかります。クレンジング料をなじませ(40秒)、すすぎまで(20秒)合計で1分以内で終わらせるようにしましょう。3(マッサージはしない)クレンジング料を肌に触れさせるだけで、油分の力でメイク汚れは浮き上がります。

適度な(硬さ・油分)を含むタイプ

だから、サッとなじませるだけでマッサージは不要です。とにかく手早く終わらせることが大切です。「おすすめクレンジング料」(クリームタイプ)油分と水分のバランスがよく、メイク汚れを浮かせやすい成分構成です。また、適度な硬さがあるため肌と指との間に厚みのあるクッションができ、摩擦の負担がかかりにくいのも利点です。(ミルクタイプ)水分が多めなのでメイクになじみにくく、しっかりメイクの人には向きませんが、使用感がみずみずしいので気持ちよく使えます。水っぽいものは避け、コクのあるものを選びましょう。(油性ジェルタイプ)透明の水性ジェルタイプは、油分が少ない分界面活性剤が多い可能性があり、乾燥肌に負担がかかります。油分を適度に含んで乳化した油性ジェルタイプなら刺激が少なめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加